第23回(令和2年)問題28

問28、高齢者にみられる疾病について正しいものはどれか。3つ選べ。
1 変形性関節症は、高齢者に多く発症する。
2 筋萎縮性側索硬化症(ALS)では、筋力低下による運動障害は生じない。
3 高次脳機能障害における失語症には、話そうとするが言葉が出てこないという症状も含まれる。
4 パーキンソン病では、認知障害はみられない。
5 骨粗鬆症は、骨折の大きな危険因子である。

 

回答

1 3 5

 

解説

1 変形性関節症は、高齢者に多く発症する。

→○

変形性関節症は関節の軟骨が劣化により低下して痛みが生じて関節が変形する疾患であり高齢者に多く発症する。


2 筋萎縮性側索硬化症(ALS)では、筋力低下による運動障害は生じない。

→✖️

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は手足、喉、舌などの筋肉がだんだん痩せていく難病のため運動障害が生じる。また、呼吸障害、摂食障害にもなる。


3 高次脳機能障害における失語症には、話そうとするが言葉が出てこないという症状も含まれる。

→○

高次脳機能障害とは病気や怪我により脳に損傷が見られ、知的な機能に障害が出ることである。

失語症は言葉が出てこない運動失語が含まれる。


4 パーキンソン病では、認知障害はみられない。

→✖️

進行すると見られることある。


5 骨粗鬆症は、骨折の大きな危険因子である。

→○ 

骨粗鬆症は骨密度が減少することにより骨折しやすくなる。